体臭、ワキガ、多汗症に「ドクターデオドラント」のミョウバン石鹸&ミョウバンスプレー!
 ドクターデオドラント通販 TOP > ニオイの基本的な対処法 << BACK

ドクターデオドラント
お試しミニサンプル
ニオイ対策 No.1 の
実力を試してみよう!
パーフェクトデオドラントセットお試しミニサンプル【送料100円】(NP後払いまたは銀行振込みをご利用ください)正式なお届け金額はメールでお知らせします【ラムズ・マークス(ドクターデオドラント)】
パーフェクトデオド
ラントセット
お試しミニサンプル
まずは使ってください!
価格 1,050 円 (税込)
>> 商品詳細へ

気になるニオイを解消
したいならこれを読もう!
ニオイ(体臭)の悩みを
解決できるとっておき情報!
ニオイ対策ガイドブック【ラムズ・マークス(ドクターデオドラント)】
ニオイ対策ガイドブック
ドクターデオドラントから
ニオイのエチケット
ガイドブックが出ました。
価格105 円(税込)\0
無料になりましたので、
ぜひ読んで下さいね。
>> 商品詳細へ
     ニオイの基本的な対処法
 << 清潔第一!食べ物注意!そして・・・考えすぎない! >>

 体のニオイ(臭い/体臭)は誰にでもあり、あえていうなら個性でもあり、あなたの魅力とも
 いえるものなのです。でも、そうはいっても ニオイ(臭い/体臭)が強くなっては、自分でも
 うっとうしく感じるもの。周りから「汗くさい」なんていわれないためにも、生活や食事にひと
 工夫するだけで予防することができます。


  清潔第一!
  毎日、お風呂に入る、まめに下着を取り替えるといったことが基本ですが、近年は色々
  な制汗剤が出ていますので、出かける前に使用するのもよいでしょう。


  ちなみに、「制汗剤」と「デオドラント剤」は、違うものだということをご存知ですか?
   「制汗剤」は、汗腺に働きかけて汗を出にくくするもの。
   「デオドラント剤」は、臭いを作り出す雑菌を退治したり、繁殖を阻止するもの。
   ・・・だそうです。豆知識として覚えておくと、何かと便利かもしれませんね。

  また、汗をかいたら、こまめの対処をしましょう。汗を拭(ふ)き取り、サッパリしましょう♪
   シート状の拭き取り剤も、多数市販されていますので利用されるといいでしょう。
   汗をかけば、誰でも気持ちが悪いものです。肌だって・・・同じなのです!
   汗をかいたまま放置されれば、肌が臭いを発生させます。
   汗臭さやニオイ(臭い/体臭)が強くなるのは、肌からの「不快」サインかもしれません。

  食べ物注意!
  基本的に肉類の多い食生活をしていると、体臭は強くなると言われています。
  欧米人が体臭が強いのも、食生活が原因とされています。

  動物性たんぱく質や脂肪を多く含む肉や乳製品を多く摂ると、脂質の分泌が増え、臭い
  のモトとなり、汗もかきやすくなります。肉・牛乳・チーズなどは控えめにしましょう。
  辛いものや臭いの強いものも臭いの原因になりますので、時間や場所を考えて食べま
  しょう。

  そして、体臭予防のために意識して摂りたい食品は、抗酸化食品です。
  
体臭の原因は脂質などの酸化が原因ですので、酸化を防げば体臭も抑えることができ
  るというわけです。

   ■意識して摂りたい抗酸化食品
    ・ビタミンE ・・・ 小麦胚芽、植物油、アーモンド、ピーナッツ、うなぎ、緑黄色野菜など
    ・ビタミンB2 ・・・ どじょう、うなぎ、レバー、さば、干ししいたけ、強化米、納豆など
   抗酸化食品を摂ることにより、有害分解物の生成を腸内で抑制し、腸内環境を清潔に
   保ってくれるのです。

  考えすぎない!
  色々と対策をすることは良いことなのですが、ここで押さえておきたいのが、気持ち的な
  ポイントです。
  「汗をかきたくない」、「自分の臭いはいやな臭いで、人に嫌われているんじゃないだろう
  か?」などと考えないことです。精神的にもダメージを受け、不安や悩みをかかえてしま
  い、ストレスとなってさらに悪い方向へ進んでしまうことがあります。

  「汗をかくことは自然なことで、それに対してケアをすればいいんだ」と気持ちを切り替え
  て、必要以上の心配はしないようにしましょう。 体臭予防はしっかりすればある程度は
  防げます。
  ニオイ(臭い/体臭)がストレスになる前に簡単なことから予防していきましょう。
                               >> 「種類別気になるニオイ対策」 参照



      こんな臭いには注意しよう!
からだの臭いには個人差があり、臭いの強さも人それぞれです。
でも、ときに臭いの原因が病気であることがあります。例えば、糖尿病になると甘い臭いがするようになると言われています。また、口臭がひどい場合は内臓疾患の可能性もあります。体臭がいつもと違う、変わってきた、ケアをいろいろしても臭いが弱くならない…こんなときは、一度専門医に相談してみてください。

また、臭いそのものではありませんが 「自分の臭いはいやな臭いで、人に嫌われているんじゃないか?」など不安や悩みをかかえる事が、ストレスとなってさらに悪い方向へ進んでしまうこともあります。体臭予防をしっかりすればある程度は防げます。 簡単なことから対策を進めていきましょう。




Copyright (C) 2005-2006 気になるニオイの解消・予防はドクターデオドラント通販 All rights reserved.